ペットショップに保険や葬儀ペットシッターについての情報サイトペットショップに保険や葬儀ペットシッターについての情報サイト

ペットショップとは

ショップ

ペットショップとは、犬・猫・鳥・魚などの動物や、ペットグッズを販売しているお店のことをいいます。お店の大きさや販売している動物の種類は決まっておらず、お店によって様々です。

ペットとは

ペットとは、愛玩を目的として飼育される生物のことを指しています。犬、猫、ハムスターなどの動物だけでなく、昆虫や魚などもペットになります。そしてそれらの生物を責任を持って育てる人が飼い主になります。
ペットを飼う理由は様々であり、単に好きで飼うという人もいれば、寂しさをうめるために飼う人、癒やしを求めて飼う人もいます。
特に「好きだから飼う」という人は年々増えており、ペットの存在は昔よりも大切な物へと変わってきています。その証拠に「ペットロス症候群」という病気が、1990年代頃より精神疾患のきっかけの1つとして重要視され始めたほどです。

ペットショップの変化

変化

ペットを飼う方法は大きく分けると3つで、里親募集やブリーダーから引き取るなどの個人同士でのやり取りか、保健所から引き取る、もしくはペットショップでの購入になります。保健所はまだ身近に感じられないという理由や、個人同士だとコネクションが必要になったりで、多くの人がペットショップで飼うことになります。
ペットショップだと一度に色々な種類のペットを見ることができ、購入する場合はペットの生活に必要なグッズもその場で揃える事ができるので、初めてペットを飼う人には非常に助かる存在でもあります。
そんなペットショップも2012年までは営業時間や販売環境などがしっかり法律で決まっておらず、不衛生な環境のペットショップが多かったのですが、2012年の8月に動物愛護法の改正がされてからは、営業時間の規制や、生後8週齢未満のペットの販売や取引もしてはいけないことになりました。
動物愛護法が改正されてからのペットショップは、動物愛護法が改正される前よりも、ペットにとって購入者にとって安心できる場所へと変わったと言えます。